トップイメージ

税務署対策すれば、税務署を恐れることはない

私も小さいながら広告業を営んでいる個人事業主です。

税務調査が入る、税務署が来る。となると ただ、それだけで恐れている事業者があまりにも多いです。 ただでさえ時間がかかるし、ミスをほじくりだされると、追徴課税をかけられるのかも知れない。 さまざまなことに気を配らないといけないので、神経もやられる。 できることならば、避けて通りたいと思っている人がほとんどです。 なにもあまり儲けてない自分のところに来なくても、 もっと儲かっている事業所がいくらでもあるだろうと思っている人も多いと思う。

そこで、当サイトでは、税務調査というのは、何を目的にしているのか?

税務署や、税務管は、我々事業者に何を求めているのか?

税務署の対策方法と、調査官への対応方法を解説しているサイトになります。

■ 税務調査の目的
税務調査の目的は、表面上は納税指導です。しかし、税務署が本当に欲しいものは、 「 不正の発覚 」  です。 国税の内部では、不正を見つけることが評価されて昇進のきっかけにもなります。 よって、税務署の調査官にとっての最大の手柄は不正を見つけること。 突き詰めて考えていくと、税務調査の究極の目的は脱税の発見する事と言えます。

税務署調査官のノルマについて知る

不正をどんどん見つけていくために、調査官にはさまざまなノルマが課されています。 サラリーマンでいう営業成績みたいなものです。 また、ノルマにも種類が2つあります。

@ 調査件数
年間に何件以上調査に行かないとならない。一般的な税務署の場合、 だいたい、1週間に一件の調査となります。 よって、調査官は常に時間に追われている職業とも言えます。

A 増差所得(ぞうさしょとく)
調査先の企業がすでに申告していた所得をどれだけ増やせたかということ。

増差所得をたくさん上げた調査官は表彰の対象になりますし、 あまりに増差所得の小さい調査官は叱責の対象になります。

 その他 目次

○ どうやって、目星をつけるのか? 調査会社の選定について 42

税務署は、どのようにして対象者を選んでいるのか? そして調査はどのような流れで行われるのか? ポイントを交えて解説しています。

○ 税務調査 徹底抗戦マニュアル 92
税務調査においておとなしすぎる事は罪です。従順であればあるほど、付け込まれ払わなくて良い 追徴課税まで取られかねない。このページでは、税務署と戦うための具体的な方法を紹介しています。

○ 決算前にできる節税マニュアル 159
事業者の多くは決算時期が近くなってくると慌てて税金対策に奔走するもんです。 中には予想以上に利益が出ていることに気づき隠ぺい工作をし、それがもとで 追徴課税をとられるものもいます。

写真ページ

サンプル画像

テキストページ

サンプル画像

大見出し、小見出し、本文といった、汎用性の高いごく普通のサンプルページです。


更新情報

ページトップへ
Copyright (C)  税務署対策と税務調査のすべて  All Rights Reserved.